種類について

競売に掛けられる場合の流れは2つありますが、その1つが担保競売と呼ばれるものです。
この方法は、対象の不動産を管轄している地方裁判所に対して不動産競売申し立てを債権者が行なうという流れです。
基本的に、担保にかけている不動産を債務者から抵当権として設定している不動産の権利者が行なうことができます。
地方裁判所に申し立てが受理されると事件番号というものをつけられて進められる流れになります。
お金を貸す際は、借り入れをしたい人の信用調査をしてから貸しますが、返済をちゃんと行ってもらうために不動産に抵当権という権利をつけます。
この競売はある手続きの流れに基づいて裁判所で行なわれます。

担保競売にとは別に、債務返済が不可能な債務者の不動産を裁判所が強制的に差し押さえて競売に出す流れのことを不動産強制競売といいます。
この競売方法は、競売にて売却し、債権者に対してそれを債務回収という流れになります。
債権者は、公正証書という公の期間が作成した権利や義務などを証明した文書など、債務名義をしっかり用意することによって強制的に行なうことができます。
この場合は、基本的に債権を回収することを目的としている為、担保不動産競売とは債務者所有の抵当権を有していないという部分が違います。
例えば、マンションなどの不動産を債務者が所有している場合に、債務者のお金の返済が滞った場合、抵当権がなくても裁判所に強制的に申し立てを起こすことができます。
このように、より確実に権利を確保するためにも、事前に競売の流れや執行手続きの流れまでを理解する必要があります。

種類について

債務者の返済が滞ってしまうことで発生する競売は、担保競売と強制競売の二つに分類することができます。これらはそれぞれ行なう時の流れが異なってきますので、手続きをする場合は、予め頭に入れておくと良いです。

回避するために

競売の流れをチェックするということは、数々のデメリットの回避が可能になることです。例えば、競売になると、近所の目が気になります。そして生活の場を失うことも不安要素の一つになります。

メリットとは

競売の流れを実際に知ることは、今後の生活を守る為のものになります。そんな時に任意売却は大変助かるシステムとなっています。また、正規の値段に近い売却が可能になっており、買い叩きに遭うこともありません。

注意点

競売は基本的に全ての流れを裁判所が担っていますが、安価で購入できる反面いくつか注意しなければならないこともあります。不動産競売では、下見ができないことや、欠陥があっても責任追及できないということを理解することが大切です。

返済について

競売は基本的に、滞納が続き、債権者からの呼びかけに応じない場合、差し押さえなどの一連の流れを経て競売にかけられます。一通一通の通知を無視し続けるとリスクが大きくなるので注意が必要です。

サポート役として

競売の流れを理解したら、任意売却の流れやメリットも理解しておくと良いでしょう。任意売却では、競売と違い自分の意志を反映させながら不動産売買を行なうことが可能です。