サポート役として

競売で不自由な状況で物件を売買される前に、任意売却という方法で物件を売りに出すことができます。
基本的に、任意売却は市場価格に近い金額で売却することが可能です。しかしながら競売にかけられてしまうと、市場価格の5割から7割程度でしか販売されません。
また、任意売却の場合は、売却事情も知られずに売ることができるのでプライバシーの面でも安心して売却できます。
裁判所に一連の権利があり、債務者には一切権利がない競売に比べると任意売却は、退去日も事前に協議して決定することが可能です。
このように、任意売却と競売では、その手続の流れから、売買金額まで大きな差があります。
まず、自分自身が住宅ローンを組む前に任意売却の流れとメリット、競売の流れを知る必要があります。

競売にかける前に任意売却を行なう際には、まず、始めに専門の業者に相談や面談を行います。
特にこの場面では、現在の債務状況や今後の方針や希望などを聞く場合がほとんどです。
次に、債権者との交渉を行い、必要に応じて専門家や弁護士と調整するといった流れになります。
この時、専門の業者がこの流れを担ってくれることが多いので、一連の流れを理解していない人は業者に頼むと良いでしょう。
その後、売却活動がはじまります。ここでは、専門の業者が全国の不動産業者に登録し、販売活動を行います。
この中で、任意売却と同時に不動産売買を行っている業者もあるので、独自の広告や方法で売却までの流れをスムーズに行ってくれます。
最後に不動産売買が契約され、決済を行ってから差し押さえの取り下げを行なう流れになります。
このように、競売では債務者の意志は反映されないですが、任意売却であれば本人の意志も尊重してくれます。

種類について

債務者の返済が滞ってしまうことで発生する競売は、担保競売と強制競売の二つに分類することができます。これらはそれぞれ行なう時の流れが異なってきますので、手続きをする場合は、予め頭に入れておくと良いです。

回避するために

競売の流れをチェックするということは、数々のデメリットの回避が可能になることです。例えば、競売になると、近所の目が気になります。そして生活の場を失うことも不安要素の一つになります。

メリットとは

競売の流れを実際に知ることは、今後の生活を守る為のものになります。そんな時に任意売却は大変助かるシステムとなっています。また、正規の値段に近い売却が可能になっており、買い叩きに遭うこともありません。

注意点

競売は基本的に全ての流れを裁判所が担っていますが、安価で購入できる反面いくつか注意しなければならないこともあります。不動産競売では、下見ができないことや、欠陥があっても責任追及できないということを理解することが大切です。

返済について

競売は基本的に、滞納が続き、債権者からの呼びかけに応じない場合、差し押さえなどの一連の流れを経て競売にかけられます。一通一通の通知を無視し続けるとリスクが大きくなるので注意が必要です。

サポート役として

競売の流れを理解したら、任意売却の流れやメリットも理解しておくと良いでしょう。任意売却では、競売と違い自分の意志を反映させながら不動産売買を行なうことが可能です。