メリットとは

競売に掛けられる流れを理解した上で知っておきたいのが、不動産競売にかけられている物件を購入する際のメリットです。
まず、物件によって異なりますが、一般の相場よりも10パーセントから30パーセントぐらい安い相場で手に入れることが可能となっています。
人気の物件に関しては競売で人気になり、落札価格も上がっていく流れになりますが、基本的には一般の不動産よりも安く購入することが可能です。
加えて裁判所に申し立てられて競売に掛けられるので、安心して購入することが可能です。
その物件が競売に掛けられる時の手続きの流れで行われた抵当権や書類等も裁判所によって抹消される為、気にすることなく購入することが可能といえます。
また、競売の流れの中で、不動産が仲介することもないので、仲介手数料などを支払う必要もありません。
裁判所が競売のほとんどの流れを担っているので、安く安心して良い物件をゲットできるといえます。

基本的に、裁判所によって競売に掛けられた物件を安い価格からスタートしオークションのように落札していく流れになります。
この場合、市場に出回っていない物件が多く競売にかけられているので、掘り出し物件が見つかることも少なくありません。
競売に掛けられている物件の多くは、もともと手放す予定がなかったが、借金返済ができず、競売に掛けざるおえなくなったという流れで競売にでている物件がほとんどです。
そのため、市場ではありえない価格で購入できることも多くあります。
特に一戸建てを探しているが、予算は抑えたいという人や、事業で使用したいが初期コストを抑えたいという人にとっては非常に良いといえます。
投資による想定利回りが10パーセントから20パーセントにもなることもあるので、不動産投資が低金利の流れできている近年では投資として最良だといえます。

種類について

債務者の返済が滞ってしまうことで発生する競売は、担保競売と強制競売の二つに分類することができます。これらはそれぞれ行なう時の流れが異なってきますので、手続きをする場合は、予め頭に入れておくと良いです。

回避するために

競売の流れをチェックするということは、数々のデメリットの回避が可能になることです。例えば、競売になると、近所の目が気になります。そして生活の場を失うことも不安要素の一つになります。

メリットとは

競売の流れを実際に知ることは、今後の生活を守る為のものになります。そんな時に任意売却は大変助かるシステムとなっています。また、正規の値段に近い売却が可能になっており、買い叩きに遭うこともありません。

注意点

競売は基本的に全ての流れを裁判所が担っていますが、安価で購入できる反面いくつか注意しなければならないこともあります。不動産競売では、下見ができないことや、欠陥があっても責任追及できないということを理解することが大切です。

返済について

競売は基本的に、滞納が続き、債権者からの呼びかけに応じない場合、差し押さえなどの一連の流れを経て競売にかけられます。一通一通の通知を無視し続けるとリスクが大きくなるので注意が必要です。

サポート役として

競売の流れを理解したら、任意売却の流れやメリットも理解しておくと良いでしょう。任意売却では、競売と違い自分の意志を反映させながら不動産売買を行なうことが可能です。