回避するために

信用保証協会が、債権者に対して代位弁済を行った時点で基本的にはいつでも競売できる流れになってしまいます。
債権者と契約した返済方法で返済していく以外に競売を回避することはできない流れになっているのですが、場合によっては返済の緩和をすることは可能です。
まず、債務者は、状況によっては裁判所に申し立てのできない債権者もいることを理解する必要があります。
競売申し立てを行なうことができる債権者に対してだけ返済を行い、できない債権者には保留しておくことで競売を回避できるということです。
しかしながら、この流れによって競売を回避するときには、注意も必要です。
競売された不動産の価格は裁判所へ申し立てを行ったあとに決まるという流れになっているので、どの不動産の返済を優先的に行なうことをしっかりと検討する必要があります。

債務者が競売を回避するための流れは、信用保証協会に交渉し、誠意を持って理由を説明する以外にはほとんどありません。
担保としている不動産をどうしても守りたいことを伝え、返済条件が厳しいことをはっきり説明する必要があります。
この場合、信用保証協会も申し立ての流れを理解している分、簡単には納得しませんが、結果的には協会側が折れる形で返済を待ってもらうことができます。
この方法を使ってしまうと、返済実績も良くないとみなされるので、出来るのであれば少額でも良いので返済を継続して行なうことが大切です。
無視を続けるとあらゆるリスクが生じてくるので回避するのも無視するのではなく、しっかりと競売申し立ての流れを向き合い、返済と向き合うことが大切です。

種類について

債務者の返済が滞ってしまうことで発生する競売は、担保競売と強制競売の二つに分類することができます。これらはそれぞれ行なう時の流れが異なってきますので、手続きをする場合は、予め頭に入れておくと良いです。

回避するために

競売の流れをチェックするということは、数々のデメリットの回避が可能になることです。例えば、競売になると、近所の目が気になります。そして生活の場を失うことも不安要素の一つになります。

メリットとは

競売の流れを実際に知ることは、今後の生活を守る為のものになります。そんな時に任意売却は大変助かるシステムとなっています。また、正規の値段に近い売却が可能になっており、買い叩きに遭うこともありません。

注意点

競売は基本的に全ての流れを裁判所が担っていますが、安価で購入できる反面いくつか注意しなければならないこともあります。不動産競売では、下見ができないことや、欠陥があっても責任追及できないということを理解することが大切です。

返済について

競売は基本的に、滞納が続き、債権者からの呼びかけに応じない場合、差し押さえなどの一連の流れを経て競売にかけられます。一通一通の通知を無視し続けるとリスクが大きくなるので注意が必要です。

サポート役として

競売の流れを理解したら、任意売却の流れやメリットも理解しておくと良いでしょう。任意売却では、競売と違い自分の意志を反映させながら不動産売買を行なうことが可能です。