注意点

競売にかけられている物件を購入する場合、通常の不動産売買に比べると安く購入できるのが魅力ですが、その流れの中で注意しなければいけないこともあります。
まず、不動産売買の物件は、購入前に物件の下見をしてから購入するかを決めるという流れになりますが、競売の物件の場合であれば全ての物件が下見できるとは限りません。
そのため、購入する前に、自分で裁判所が開示している物件の内部写真や間取りをチェックして、実際に現地まで行って物件を調査する必要があります。
加えて、落札できるかどうかもわからないということを理解しておく必要があります。
不動産競売は入札したからといって必ず購入できるという流れにはなっておらず、加えて優良物件は入札価格も上がるので安く購入できるとも限りません。
いくら時間とお金を掛けても、自分より上の入札価格があれば購入することはできないのです。
競売にかけられた物件を購入する際には注意点や手続きの流れも理解して行なうことが大切です。
いまでは競売を専門としている業者もあるので、競売の流れを知りたいというのであれば電話やネットで相談してみるのも良いです。

競売物件にもし欠陥があったとしても、物件が競売に掛けられるまでの中で、担保責任が発生しないので売主である裁判所には責任追及することはできません。
落札していざ入居しようとした時に、建物の欠陥がみつかるということも少なくないのです。
万が一、故障や設備に不具合が合った気でも補償費などは競売で落札した人の負担になります。
また、通常の不動産売買の流れでは、仲介業者によって所有者の移転が行われます。
しかしながら、裁判所が行なう不動産売買の流れでは、所有権の移転はおこなわれても引き渡し義務までは行いません。
なので、入札し落札したら、落札者が自分自身で占有者に交渉するという流れになるのです。
今ではこのような競売で入札して実際に住むまでの流れで発生する手続き等を代行して行なう専門の業者もあります。

種類について

債務者の返済が滞ってしまうことで発生する競売は、担保競売と強制競売の二つに分類することができます。これらはそれぞれ行なう時の流れが異なってきますので、手続きをする場合は、予め頭に入れておくと良いです。

回避するために

競売の流れをチェックするということは、数々のデメリットの回避が可能になることです。例えば、競売になると、近所の目が気になります。そして生活の場を失うことも不安要素の一つになります。

メリットとは

競売の流れを実際に知ることは、今後の生活を守る為のものになります。そんな時に任意売却は大変助かるシステムとなっています。また、正規の値段に近い売却が可能になっており、買い叩きに遭うこともありません。

注意点

競売は基本的に全ての流れを裁判所が担っていますが、安価で購入できる反面いくつか注意しなければならないこともあります。不動産競売では、下見ができないことや、欠陥があっても責任追及できないということを理解することが大切です。

返済について

競売は基本的に、滞納が続き、債権者からの呼びかけに応じない場合、差し押さえなどの一連の流れを経て競売にかけられます。一通一通の通知を無視し続けるとリスクが大きくなるので注意が必要です。

サポート役として

競売の流れを理解したら、任意売却の流れやメリットも理解しておくと良いでしょう。任意売却では、競売と違い自分の意志を反映させながら不動産売買を行なうことが可能です。